カードローンでは審査があります

借入審査の審査基準を知ることはできるのか

カードローン審査基準は、それぞれの金融機関が独自に設定しているため、審査に通る条件というものを具体的に知ることはできません。しかし、一般的に、借入審査でプラスになる要因とマイナスになる要因というものはあります。
カードローン審査でプラスになる要因としては、安定した仕事に就いているということがあります。安定した仕事とは、大手企業の社員や公務員などがあてはまります。また、勤続年数が長いというのもプラス要因です。収入は安定した金額を毎月受け取っていることがプラスとなります。
マイナス要因としては、過去に、借入などをして、返済が滞ったことがある場合や、現在、他の金融機関などに借入が多額にある場合などがあります。
現在、貸金業法が改正され、収入の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけないという厳しい条件があるため、ノンバンク系の場合には、借入が多額にある場合には特に気をつける必要があります。銀行系のカードローンでは、この法律は適用されません。
しかし、これはあくまでも一般的な話であり、これらの条件があるから絶対大丈夫、あるいは通過しないというものではありませんので、目安として活用するようにします。

審査基準は厳しいところと緩いところがあります

カードローン審査は、それぞれの金融機関で異なるため、当然、審査が厳しいところもあれば、比較的緩いところもあります。それを実際に見分けるのはかなり困難ですが、インターネットなどの情報から厳しいところ、緩いところを推測することはできます。
通常、金利が他のカードローンに比べて低いところなどは厳しい傾向にあると言われています。金利を低く設定するため、リスクをできるだけ排除したいためと考えられます。
審査が厳しいところもあれば、緩いところもあるので、一か所に申し込みをしてカードローン審査に通過しなかったから、もう利用できないというように考える必要はありません。申し込んだカードローンが厳しい審査基準で審査をしていた可能性があるからです。あるカードローン審査に通過しなかったけれど、他のカードローンに申し込んだら審査に通過したという例も実際にあります。
ですから、どうしても利用したい場合には、いくつかのカードローンに申し込むのが良い方法と言えます。
ただし、複数のカードローンに申し込む時には注意することがあります。同時にいくつも申し込むのは避けた方が無難です。同時にたくさんの申し込みをしているということは、信用情報によって金融機関は知ることができ、それが借入審査でマイナスに働く可能性があります。そのため、却って自分を厳しい状況に追い込んでしまうリスクがあります。

カードローン審査の基準についての知識を持って冷静に考える

最近では、実際に申し込みをして審査を受ける前に、自分がその金融機関の借入審査に通過できるか、通過は厳しいかなどを大まかに知ることができるシステムがあるカードローンが多くなっています。それは、ホームページなどにある簡易審査システムです。
簡易審査システムでは、収入や職種など、フォームに従って情報を入力すると、自分が審査に通過するかどうかの目安が表示されます。名前や住所など、個人を特定する情報は簡易審査は必要としないため、匿名で調べることができます。
自分は審査に通過するのは厳しいかもしれないと不安な人や、あらかじめある程度知っておきたいという人は、申し込みをする前に、この簡易審査システムを利用すると便利です。簡易審査システムで審査にほぼ通過すると表示された場合でも、申し込みの後に本審査があります。簡易審査システムはあくまでも目安です。
結局のところ、カードローン審査に通過するかしないかは、本審査を受けなければわかりません。しかし、前述のように、借入の審査基準はそれぞれで異なり、厳しいところもあれば、緩いところもあります。いろいろな基準があることを知っておくことで、冷静に考え、次に何をするべきかの判断をすることができるようになります。